設計の効率化を図るCADシステムとは?

CAD

設計と言えばこの様はドラフターを駆使して手書きで図面を描いていると思われるかもしれませんが、よほど小さいメーカーでない限り、今の時代、キチンとした図面を手書きで描くことはほとんどありません。

では何を使って図面を描くのか?

それはCADです。

CADとは?

CAD(computer aided design)とは、コンピュータ支援設計のことです・・・(訳しただけですが)

これまで鉛筆とドラフターを使って人の手で行われていた設計を、コンピューターの力を借りることにより設計の最適化・効率化を図ることを目的としており、今や多くの企業で採用しています。

ただ、CADはあくまでソフトフェアにしか過ぎないので、CADを持っているだけでは何もできません。

(Excelだってソフトがあるだけでは何もできないですよね)

そこで、設計に関わるCADソフトやコンピューター、プリンタやネットワーク環境、補助記憶装置などの環境を全て整え、実際にCADを使って設計作業ができる状態になったもの全てを総称して「CADシステム」と呼んでいます。

一昔前までのCADは、図面を描いてデータ管理をすることを目的としていましたが、3DCADの登場により画面上で立体として描かれるので、2D上で立体を想像できない設計者でも容易に検討作業ができるようになりました。

まー、考えることなく設計できるので、設計者の知識が向上しないデメリットもあるので、これを良しとするのか悪いととるのか判断が分かれそうですが、少なくとも設計の効率化は劇的に飛躍しています。

また、設計をデータ化することにより後工程のCAM(コンピュータ支援製造)やCAE(コンピュータ援用エンジニアリングシステム)をする際にデータを流用出来ると言うメリットもあります。

CAMやCAEを語りだすと長くなりそうなので、またの機会に・・・

CADを使えるからと言ってうぬぼれてはいけない

CADが使えるようになると、製図法を理解していなくても簡単にそれっぽい図面が描けるようになるので「俺、設計者としてバリバリ働いてるぜ!!」って勘違いする人も多いです。(私もその一人でした)

ただ、CADはあくまで鉛筆やドラフターの変わりで、設計を支援する為のツールでしかないので、CADを覚えるより先に製図法や機械工学の知識を詰め込んだ方が後々楽です。

CADオペレーターの仕事に人材派遣会社

1位:パーソナルテクノロジースタッフ

パーソナルテクノロジースタッフはエンジニア求人に特化した人材派遣会社になります。業界初のオンライン登録を実現しており、登録をして即日にお仕事を紹介してもらうことも可能です。

スキルアップ支援も充実しているので、将来的に正社員を目指している方にもお勧めです。

2位:ヒューマンリソシア

派遣会社は数多くありますが、CADオペレーターのお仕事をお探しなら事務職がメインのヒューマンリソシアをお勧めします。

求人数は全国に約1万件あり、大手企業から地元の中小企業まで数多くの求人を取り揃えています。未経験でも就業可能なお仕事、正社員を前提とした紹介予定派遣の求人もあるので、安定したお仕事をお探しの方にも最適。

3位:テンプスタッフ

テンプスタッフでは大手派遣会社では珍しいCAD専門事業部が設けられています。

業界最大級の約1万5千件の求人数を誇っており、人材ビジネスの業績ランキングは6年連続1位と実績も十分です。サポート体制やアフターフォローも万全で、就業後のサポートも徹底しています。

CAD
なるゾウをフォローする
機械設計士なるゾウ