機械設計とCADオペレーターの違い

機械設計とCADオペの違い 機械設計の仕事

求人サイトなどを見ていると、職種の欄で機械設計のカテゴリの中にCADオペレーターも入っているので、CADオペレーターも機械設計も業務の内容としては似たようなものと勘違いされている人もいますが、仕事内容も求められるスキルも全然違います。

機械設計とCADオペレーターの違い

CADオペレーターの仕事は簡単に言うと「CADを操作して製図する人」なので、CADの操作と簡単な製図知識があれば業務は出来ますが、機械設計をするには、機械工学の知識は勿論、機械要素や加工法、機械材料、組み立て手順、製図手法の知識も必要なります。

CADオペレーターはモノを作る為の図面を描くことだけを考えていれば良いですが、機械設計では安全性や耐久性や環境性に配慮しつつ、会社の利益を上げる為のコスト削減も考えなければいけないので、ただ単にモノを作るためだけの設計をすれば良いということではありません。

CADオペレーターは設計業務を行わない

CADオペレーターの人が「自分は設計者だ!」と豪語していますが、CADオペレーターが設計業務を行うことはほとんどありません。

設計と言っても、一昔前まではドラフターを使って手書きでしていましたが、近年はCADを使って設計することがメインになりますが、そういった人はCADオペレーターでは無く、CAD設計士(設計者)と呼ばれることが多いです。

漫画家とアシスタントの関係に似ている

機械設計とCADオペレーターの関係は、漫画家とアシスタントの関係によく似ています。

漫画家が漫画のストーリーや登場人物を考え土台を作り、アシスタントが漫画家の考えを完成させていきます。

機械設計とCADオペレーターの関係も同じで、機械設計士がアイデアを生み土台を作りCADオペレーターが機械設計士の意図を形にしていきます。

どちらが優れている?

業務に優越を付けるのはあまり好きではありませんが、どちらが優れているかと言われれば勿論「機械設計士」の方が優れています。

CADオペレーターがいなくてもモノは作れますが、機械設計士がいなければモノは作れませんからね・・・

また漫画家を例にとるなら、アシスタントはいなくても漫画は描けますが、漫画家がいなければ漫画は描けないですよね。それと一緒です。

ですので、収入面ではCADオペレーターに比べると機械設計士の方が遙かに収入は高いです。

求められるスキルが全然違うので当然ですよね。

設計の仕事に強い転職エージェント

1位:メイテックネクスト

製造エンジニアの求人に特化しており求人数は業界No.1です。

私も実際に利用して転職したことがありますが、コンサルタントの対応は本当に素晴らしいです。また、未経験可の求人も多いのが特徴です。

土日祝も対応しているので、就業中の方でも安心です。

2位:マイナビAGENTエンジニア
マイナビAGENT×メーカーエンジニア

こちらも製造エンジニアに特化していますが、首都圏や関西圏などの都市部の求人に強いです。

年収600万円以上の好条件の求人がメインになるので、ある程度スキルがあって更なる収入アップを目指す人に向いています。

3位:DODA

リクルートが運営する国内最大級の転職エージェント。

エンジニア職に特化したサイトではありませんので、機械設計の仕事と並行して他の職種の仕事も探したい方にお勧めです。

機械設計の仕事
なるゾウをフォローする
機械設計士なるゾウ