CADオペレーターの仕事はなぜ派遣社員が多い?

CADオペ派遣多い CADオペレーターの仕事

機械CADに限らず建築CADの世界でも、CADオペレーターの求人の大半が派遣社員です。

私も全くの異業種から機械設計士を目指した一人ですが、まずはCADオペレーターから経験を積もうと思いハローワークや転職サイトで求人を探しましたが、求人のほとんどが派遣社員でした。

派遣社員が多い理由

CADオペレーターの仕事に派遣社員が多い理由はいくつか挙げられますが、その一番理由は大きく分けて2つあると考えられます。

1.期間限定で雇いたいから

機械設計士は、設計前段階で事業戦略を考えたり企画書を作って仕様を作ったり、設計が終った後にも、出来上がった製品が仕様通りにできているか外見検査や性能検査に立ち会ったり営業や製造と打ち合わせをしたりなど、CADを使って設計する他にも色々しなければいけないので、通年を通して仕事があります。

一方、CADオペレーターの仕事内容はCADを使って製図することだけで、製図業務がなければ仕事が無いので、時期によって業務量の差が出やすいです。

企業側としては、忙しい時期にいっぱい人を雇って、暇な時期になれば人員を減らして人件費を抑えたいと思うのが普通です。

その点、派遣社員は半年や1年など、期間を限定して働いてもらうことが可能なので企業側にとっては都合が良いんでしょう。

2.手間が省けるから

期間限定で雇うことが目的であれば、派遣社員じゃなくてもアルバイトや契約社員でも構わないですよね。

しかし、アルバイトや契約社員の場合は労働者を直接雇用しなければいけないので、人材の選考から採用、研修などを全て自分の会社で行わなければいけません。

突発的な人員補充が求めれるCADオペレーターではあまり向いていない就業形態です。

一方、派遣会社を通せば、派遣会社に対して企業が求めるスキルを持った人材を探してもらい研修まで行ってくれて万全の状態で業務に取り掛かってくれるので、即戦力になり必要な期間だけ雇用することが可能です。

何より、派遣社員にすることで労働者の労務管理や給与計算を全て派遣会社に任せることが余計なことを考えなくて済みますしね。

まー、派遣社員だと人件費のコストがかかったり、コミュニケーション面で不安あるので、何でもかんでも派遣社員で雇えば良いという訳ではありませんがね・・・

派遣社員についての解説は、また後日詳しく説明します。

CADオペレーターで正社員の仕事って全く無いの?

先ほども言いましたが、CADオペレーターの仕事は通年を通して業務が安定しないので、CADオペレーターの業務だけで正社員として働くことは非常に困難です。

ですので、機械設計の求人に比べるとCADオペレーターの正社員としての求人はかなり少ないのが現状です。

ただ、逆に言えばCADオペレーターの業務の他に兼任して行える業務があれば正社員として働くことは十分可能です。

実際に私が働いていた社員100名程度の産業機械メーカーでも、技術課にいた女性社員2名はCADオペレーターをしながら、CADオペの仕事が無いときは経理や総務の仕事を手伝ったり、資材課の事務処理を手伝ったりしていました。

機械設計の仕事でも、書類を整理したりお客さんに提出する仕様書を作成したり事務的な仕事も多いので、特に複数の業務を兼任しなければいけない小さなメーカであればCADオペレーターとして正社員で働くことは可能です。

CADオペレーターの仕事に人材派遣会社

1位:パーソナルテクノロジースタッフ

パーソナルテクノロジースタッフはエンジニア求人に特化した人材派遣会社になります。業界初のオンライン登録を実現しており、登録をして即日にお仕事を紹介してもらうことも可能です。

スキルアップ支援も充実しているので、将来的に正社員を目指している方にもお勧めです。

2位:ヒューマンリソシア

派遣会社は数多くありますが、CADオペレーターのお仕事をお探しなら事務職がメインのヒューマンリソシアをお勧めします。

求人数は全国に約1万件あり、大手企業から地元の中小企業まで数多くの求人を取り揃えています。未経験でも就業可能なお仕事、正社員を前提とした紹介予定派遣の求人もあるので、安定したお仕事をお探しの方にも最適。

3位:テンプスタッフ

テンプスタッフでは大手派遣会社では珍しいCAD専門事業部が設けられています。

業界最大級の約1万5千件の求人数を誇っており、人材ビジネスの業績ランキングは6年連続1位と実績も十分です。サポート体制やアフターフォローも万全で、就業後のサポートも徹底しています。

CADオペレーターの仕事
なるゾウをフォローする
機械設計士なるゾウ